お問い合わせ・資料請求はこちらお問い合わせ・資料請求はこちら

ブログ

キャッチコピー

キャッチコピーはおばあちゃん!

ご覧いただきありがとうございます。
突然ですが、キャッチコピーってご存知ですか?

※キャッチコピーとは
 人の注意をひく広告文、宣伝文。
 主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝の謳い文句となる文章で、広告コピー(広告文)の一部。

実は、すぎやま本制作にも、以下のキャッチコピーがあります。

キャッチコピー

いつでも どこでも 何度でも
大切な人とずっとつながる
『世界に1冊だけの本』

今回は、このキャッチコピーについて書いてみたいと思います。

 

有名なキャッチコピー

キャッチコピーの話をしようとしていますが、『キャッチコピー』なんてフレーズを使うと、ちょっとオシャレに気取った感じがしちゃいますね。
(実際はオシャレとは程遠いのですが…)

以前から、テレビCMなどのキャッチコピーを見聞きする度、なんだかカッコ良いなーと思っていました。

テレビや雑誌などで見聞きしたものが、気づけば頭から離れなくなっていたり、思わずそのフレーズを口ずさんでいたり。

一度くらいはそんな経験をしたことがありませんか?

せっかくなので、有名なキャッチコピーをいくつか列挙してみます。

※有名なキャッチコピーの例
①やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!(物置のCM)【株式会社稲葉製作所】
②ん~っ不味い!もう一杯!(青汁のCM)【キューサイ株式会社】
③♪やめられないとまらない、かっぱえびせん♪【カルビー株式会社】
④♪チョッコレート。チョッコレート。チョコレートは明治♪【株式会社明治】
⑤♪お、ねだん以上。ニトリ♪【株式会社ニトリ】

改めて見てみると、勉強になります!
キャッチコピーは、短いフレーズが主流なんですね!

あくまで大企業のテレビCMの参考ですけど。

キャッチコピーを検討する

憧れはあったものの、自分がキャッチコピーを考える日が来るとは思っていませんでした。

芸人さんの大喜利なども機転がきいていてすごいなー(自分には出来ない!)と思っていますが、キャッチコピーも同様に、センスや知識・発想力・経験値などが必要だと思います。

その点、私にそんな大層なものはありません。

なので、いざ作ろうと考えてはみても、なかなかしっくりくるものが思いつかずに困りました。
ましてや、テレビCMの様に1行(1フレーズ)で伝えるなんて、逆立ちしても無理だなと…思いました。

私は”誰よりも考える!”という一点しか能がない(他に出来ることがない)ので、頭の中でボケてみたり(面白くはない)、カッコつけてみたり(格好良くはない)、インテリぶったり(頭良くはない)と、様々な方向から検討を重ねました。

 

すぎやま本制作のキャッチコピー

そしてついに決まったのが、冒頭にも書いたキャッチコピーです。

最後は祖母のことを想像して作りました。
私にとっての原点回帰であり、困った時の神頼みならぬ、おばあちゃん頼みと言ったところです。

私の創業のきっかけ(原点)が祖母なので(この話も次回あたりのブログで書こうと思います)、祖母が存命だった頃に「家族の本」などを作って渡すことが出来ていたら、どの様な気持ちで「本」をプレゼントしたいか、どの様な言葉を選べば祖母が喜んでくれたか…ということをイメージしました。

”カッコ良さ・センスの良さ”と言ったところはわかりませんが、『自分の想い』だけはこの数行に込められたのではないかと思います。

ということで、最後にすぎやま本制作のキャッチコピーをもう一度。

いつでも どこでも 何度でも
大切な人とずっとつながる
『世界に1冊だけの本』

何となくでも、覚えていただければ嬉しいです!

image

TOP