お問い合わせ・資料請求はこちらお問い合わせ・資料請求はこちら

ブログ

創業のキッカケ・動機(3/3)

動機を固めた父の闘病…

ご覧いただきありがとうございます。

今回のブログは、「創業のキッカケ・動機(全3回)」の3回目となります。
※大きく3つの段階がありますので、ブログの投稿も3回に分けています

<前々回の投稿>
「創業のキッカケ・動機」1回目 始まりは祖父の他界…

<前回の投稿>
「創業のキッカケ・動機」2回目 キッカケは祖母の他界…

今回(3回目)は、約3年前に他界した父の闘病中のことを少し書いてみようと思います。

祖父母のことに比べると、パソコンのキーボードを叩く手が少し重いのですが…

おとさん

 

父の闘病

父はスポーツが大好き(得意)で、家族想いなところもあり、親族やご友人などとの繋がりを大事にする、真面目で・何事にも粘り強く頑張る人でした。

とはいえ、無口で強情なところや、ちょっと偉そうなところ(親だから当たり前ですが)もあったりして、時々文句の言い合いになったり、イライラ・ムカムカすることもありました(笑)。

そんな父ですが、ある時から闘病生活を強いられるようになりました。

闘病といっても、途中までは、退職後の再雇用の仕事やゴルフ・畑仕事に励み、お仲間と飲みに行ったりもしていたので、私からは悠々自適に日々を過ごしているようにさえ見えることもありました。

それでも、手術や薬などの治療も続き、安静にしていないといけない日などもあり、私としても色々な思考をめぐらせることがしばしばでした…。

この父の闘病生活は、病気の発覚から他界する日まで約10年ほど続いたのですが、これとほぼ同じ期間、私も『本をつくる仕事』の実現方法やその意味を考える日々を過ごしました。

いずれ来るその日の前に

「おばあちゃんの『本』をつくろう!」と始まった私の『本をつくる仕事』への想いは、いつしか「お父さんの『本』も早めにつくらなければ!」という焦りが加わり、さらには『本をつくる仕事』を実現できれば自分も人の役に立てるのではないか…という大義名分も積み上がり、気づけば自分のキャパシティーでは届かないほどに、高いハードルになっていました。

父が元気なうちに、「父の半生を聞いておこう・普段言葉にしない色々な想いを聞いてみたい」と思い始めましたが、縁起でもないことに備えている様な気さえしてしまうので、なかなか口に出すことが出来ませんでした。

「まだ自分の実力ではちゃんとした本が作れない…」と思い、「まずは調査と勉強が必要だ!」と調べ始めて知ったのが、『自分史』という言葉や『自分史』をつくるサービスが少なからずある…ということでした。

こうして、私は『自分史活用アドバイザー』たる資格を取ってみたり、『自分史』に関する書籍を購入しては片っ端から読んでいきました。
しかしながら、『自分史』をつくるための書籍を読んだことがある方にはわかると思いますが、自分の力で『自分史』をつくることは決して簡単とは思えませんでした。

ならば専門のサービスを利用しようと思い、良さそうな”自分史制作のサービス(事業者)”を見つけてきては、資料請求をするのですが、当時はだいたい「○○万円〜」と料金が曖昧に書かれており、総額でいくら掛かるのだろう…とモヤモヤすることが多かったです。

何社かに連絡をして、見積もりをお願いしてみると、その料金は私の月収を超える金額(当時のお値段は安くても30万円〜100万円程度が主流)でした!

父の病気も進行しており少し焦っていた私は、父に直接、「自分史をつくるサービスがあって、料金は数十万円なんだけど、作ってみたい?」と聞いてみたのですが、父は「高い!そんなもんはいらない!」と即答しました。

私は、それ以上は何も聞きませんでした。
なぜなら、それほどに“即答”だったからです(笑)

同時にそれは、「やはり自分で家族の本をつくれるようにならなければいけない!」と思った瞬間でした。

この時は、準備も実力も伴わない自分の夢(本をつくる仕事)については、まだ父に話すことは出来ませんでした。

父が天国へと旅立つ

祖母や父の本をつくるべく、関連する書籍はさらにたくさん読みました。
調べ物や制作研究も色々としました。

その度に壁にぶつかり、何日・何ヶ月も解決出来ないこともよくありました。

「これは自分には無理だ!」と投げ出したことも1回や2回ではありません。
家族の本をつくることと同時に「事業にしたい!」という欲張った考えがマズかったのかもしれませんね…。

それでも、日々、闘病を続ける父の背中を見ていた私は、そこで諦めて終わりにすることが出来ませんでした。

 

自分が作り上げたい父や祖母の本を想像し、その本の骨格(構成)を考え、パソコンに向かい、文章や写真を入れて実際のカタチに落とし込む。
それと同時に事業の計画もまとめていく…。
進みは遅くとも、毎日30分でも本を作るために手を動かそう…と努力だけは続けていきました。

そしてある時、市の広報で”行政が主催する事業コンテスト”があることを知り、「これは最初で最後のチャンスなのではないか!?」と応募を決意し、その結果、私の『本をつくる事業計画』は優秀な事業計画として認定されたのでした(自分で優秀と書くのもなんですが…笑)。

この結果をもって、私は両親にはじめて、「家族の本をつくりたいこと」「本をつくる仕事をしたいこと」を伝えることが出来ました。

母は「あなたはいつも突拍子ないことを…」と驚き、父は「良い考え・良いサービスだな」と笑ってくれました。

 

その日から、3ヶ月も経たず、父は他界しました。

 

仕事の退職の手続きと創業の準備をはじめ、いよいよ”祖母と父の本の制作”に本格的に取り掛かろう!と思っている矢先のことでした。

結局私は、父の存命中にその「本」を完成させることが出来ませんでした。

 

家族の本の完成!

父が他界して数カ月後、やっと『祖父の本』『祖母の本』『父の本』が完成しました。

はじめは、写真と思い出のエピソードをたくさん詰めこんだ、書籍(ブック)タイプを作りました。

その後、もっと手軽に作れて・もっと気軽に読める本も良いよな…と、冊子(マガジン)タイプも作ることにしました。

 

随分と年月を費やしましたが、この”2つのタイプ”の「本」を制作する知識・技術を培い、その環境が整ったことで、ようやく事業のスタート台に立つことが出来たのでした。

 

総括(まとめ)

とても長くなりましたが、これが、私が創業するまでの経緯です。

 

元を辿れば、家族を想うことの“始まり”は祖父の他界でした。

その後、祖母の他界で「おばあちゃんの本をつくりたい!」と思ったことが創業の“キッカケ”となり、

父の闘病を見守っているなかで“動機”として固まり、これらを原動力に地道に続けてきたことで、今日に至っているのだと思います。

 

ということで、今回まで、キッカケや動機・キャッチコピー・事業者名などなど、事業の『想い』に関することを一通り書きおろしてきました。

いやー、『想い』を書く(伝える)というのは、なかなか難しいものですね!

 

ではでは、長くなりがちな事業の『想い』はこの辺で一度終わりにして、次回からは『サービス内容』を中心に、ときどき『終活』や『自分のあれこれ』なども交えて、時間を見つけて書いていこうかな…と思っています。

 

おわり

 

image

TOP