お問い合わせ・資料請求はこちらお問い合わせ・資料請求はこちら

ブログ

「本」をつくること

やっぱり「本」がいい!

ご覧いただきありがとうございます。

今回は、デジタル社会がさけばれるこの時代に、あえてアナログ的な「本」にこだわった…というお話を少し。

本にこだわる2

数年前から、「若者が本離れしている」「本はいまや時代遅れの代物」…なんてニュースを時々、耳にしていました。

これは”読書離れ”とも言われ、”活字離れ”や”出版不況”とも関連してくる社会問題の一つの様なのですが、私は専門家ではないので特に触れません。

ここで伝えたいことは、私はただ「本」が好きだということ(特に読書家ではないですが)。
そばに置いてあると/手に持っていると、なんだか安心するそんな「本」をつくりたい!というお話です。

 

何でいまさら本なの?

「本じゃない方が良いんじゃない?」
これは私が創業の事業計画を練っているときなどに言われてきた言葉(アドバイス)です。

「データ形式が良いんじゃない?」
「動画が良いんじゃない?」
「DVDやスマホで見れる媒体にしたら?」

ビジネスの専門家の方々が口を揃えて私に言っていました。

これがいわゆる”デジタル社会”というものなのでしょうか

政府も、2021年9月1日にデジタル庁を発足しましたね。
これは、デジタル社会の形成に関する施策を迅速かつ重点的に推進する組織だそうで、この新たな司令塔の役割を担うデジタル大臣たるポストも誕生したようです。

こういったニュースを見ていると、「なんだか時代に取り残されそう」と少し不安に思ってしまいます(汗)

専門家の方々からいただいたご意見の話に戻すと、要するに、
カタチがある物質的な「モノ」ではなく、スマホやパソコンで見せる、カタチがない非物質的な「デジタル」な商品・サービスにこそ『価値』や『ビジネスチャンス』があるということの様です。

理屈で考えれば、何となくわかります。
でも、なんだか違う気がしたのです。

私だけでしょうか。
こんな目まぐるしく変わりゆく時代に、前時代的と言われる「本」にこそ、”重み”や”あたたかさ”があると感じてしまうのは。デジタル庁

 

カタチある「本」が好き!

「本」て良くないですか?

私はやっぱり、この四角い「本」が好きです。
DVDやスマホ・WEB上に保存が出来て便利なデータ形式より、どうしてもカタチのある「本」が良いなと思ってしまうのです。

ただ「本」を開くだけで、その世界に浸れる。
手にとって読む「本」だからこそ、一番想いが伝わると言うか、あたたかみを感じられる気がするのです。

カタチがあるから、重みがある。
カタチがあるから、置き場所も必要になる。
カタチがあるから、汚れたり壊れたりする。
カタチがあるから、カバンに入れるとがさばる(かさばる)。
カタチがあるから、時が経てば古くなる。

こう見ると確かに、カタチがあるって不便な様にも感じます。

でも、この少し不便なところを含めて、私はカタチのあるものが好きなのです。
カタチがあるからこそ、「大切にしよう」と思うからなのかもしれません。book

 

ないものがあるようになる

私が小さい頃から好きだった、大叔母(祖母の妹)が以前、私にこんな話をしてくれました。

————————————————
「こうじ、覚えておきなさい。

『あるもの は ある』、これは当たり前。
『あるもの は なくなる』、これも当たり前なの。

だから、大切にしなさい。

そしてね、『ないもの が あるようになる』ことがあるの。
これが大切よ。これが幸せ(”人生の至福”と言ってたかな?)。」
————————————————

なんだか深い言葉でした。哲学的ですね。

大叔母は明るく元気で超ポジティブな人でした。
苦労した過去もあったようですが、とにかくいつも前向きでした。

いつもニコニコしていて、老若男女問わず多くの人に慕われ、周りの人を笑顔にしてしまう、太陽のようなおばあさんでした。

そんな大叔母が、私が大学生くらいの時に話してくれた
『ないものが あるようになる』という言葉。

言葉の意味(真意)は、正確にはわかりません。
(ちゃんと聞いておけば良かった・・・)

でも、20年近く経った今も、どうも頭から離れません。

そしてこれは、現在の私の1つのテーマになりました。

カタチのある「本」をつくることで、ないものがあるようになれば良いな…
その「本」をとおして、何か大切なものが生まれ・残っていけば良いな…
と思っています。

 

カタチがあることで、置き場所が必要で、汚れたり壊れたりもするし、時が経てば古くなる「本」。

私はそんな「本」が好きなので、そんな「本」をつくりたいと思っています。

image

TOP